2004年11月05日

★視線復旧速度によるターンのうまさ実験★

どうも手のリードが悪いのかなぁ、ダブルターンをさせると女の子
がブレてしまうようだ。。。私の手以外にも原因があるのだろうか?
 そんな時先生の一言。


 ”視線はターンの時に一回外れますが、意識的にすぐ相手を見るように

  しましょう”


  そうか!もしかしてこれか!?ってことは視線復旧が早い人は必然とターン(スピン)がうまいはず。

  よし、早速     実験だ!!


★視点の復旧速度によってターン

(スピン)の安定性は変わるか!?★



実験日時:平成16年11月3日及び某日

実験場所:関内MARIPOSA1周年イベント

実験対象者:そのへんの人及びいつも踊っている方々

実験方法:シングル・ダブルとやって、トリプル(やってもらえる人は)をやる
     時に目線が離れてから復旧するまでの概略時間を計り、どのくらいの
     復旧時間が安定したターンに良いのかを検証
      ターンが終わっても視線があわなければ復旧してないとみなす。


●実験開始●
 さて、とりあえずターンさせにゃあはじまらないよっと。
 まずシングル。まぁこのへんは誰でもね。

 じゃあダブルだな。ワンツー(クルクル)あれ?どこいくんだぁぁぁ!!
 いかんいかん、視点の実験前に踊りそのものに支障がでそうだ。

 さらに続ける。

  トリプルターンをやるくらいのスピードで手のテンションを調整しつつ、ダブルと
 いうイレギュラーなんかもやってみたりする。。。。変な顔してるよ。。。。当然か。
 いや、がんばれHalo!サルサ界の進歩のための実験なんだ!しょうがないんだ。
 がんばれ!と自分に言い聞かしなんとか続けた。
 こんなことをしているとそのうち踊ってくれる人がいなくなりそうだ。。。。


■実験結果■
 女性の反応速度によるターン安定度はこのようになりました(曲にもよるが平均で
  こんな感じ、と見てください)

  シングルターン 安定していた人    0.5秒以内
          どちらでもなかった人 1.5秒
          安定していなかった人 2秒以上

  ダブルターン  安定していた人    0.5秒以内
          どちらでもなかった人 1.5秒
          安定していなかった人 1.5秒以上

  トリプルターン 安定していた人    0.2〜0.3秒
          どちらでもなかった人 1秒以上
          安定していなかった人 1.3〜1.5秒以上

こんな感じになりました。まぁ目安くらいにしかなりませんが、やはりターンの
安定度と視線(視点)は重要な関係があるってことですね。
 特にうまい方々はコンマ5秒(0.5秒)以内にどんなターンでも視点は復旧して
います。視点を早く復旧させようとするとスプリング・モーション(体をバネ
にして勢いをつけること)が働きますのでターンにも勢いがつきますしいいことが
多いようです。

 
posted by Halo at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふ〜ん、なるほど。勉強になるなぁ。
私も安定が悪いんだよね。。。
今度からまわったら相手との視線復旧に努めてみよっと!
そうすれば少しは安定感出るかな??
今度、練習つきあってね!
Posted by mari at 2004年11月05日 13:14
>mari
 いつでもつきあいますよぉ〜。かわいい子の
 お付き合いはいつでも大歓迎です。(^^)
 視点復旧は大事な要素だから今度のクラブでも
 是非ためしてね!!
Posted by Halo at 2004年11月07日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。